状態が厳しい車でも買い取ってくれるトラックジャパン

| コメント(0) | トラックバック(0)

車売却を検討している方は、しばしば車の状態を懸念しています。状態は、やはり売却額に大きく関わってくるからです。
売却額に関わる要素は色々ありますが、中でも走行距離と年式の重要度は高いですね。走行距離が長いとなると、売却額は厳しくなる傾向があります。10万キロを超えているような車などは、どうしても低くなりがちですね。また年式も大事で、10年前に販売されているような車は買取額が厳しくなりがちです。過走行車や10年落ちの車は、業者によっては無料引き取りになってしまう事もありますね。ですのでそのような車をお持ちの方は、売れるかどうか不安になっている事も多々あります。

ところで車の買取を行っている業者の1つに、トラックジャパンがあります。その名称通り主にトラックを買い取っている車です。
トラックの売却を検討している方も、やはり上記のような懸念点を抱いている事があるようです。ではトラックジャパンの場合は10年落ちや過走行車の買取は困難なのかというと、そうでもありません。むしろ買い取っている事例は多いようです。

この業者の公式サイトでは、買い取りの実績データが公表されていますね。それを見る限り、低年式や過走行でも問題はないようです。
例えばある時には、トラックジャパンはかなり走行距離が長い車を買い取っています。実に30万キロを超える車なのですが、それを600万円台で買い取ったようですね。

また年式なのですが、10年落ちの車も買い取っています。12年前に販売されている車を240万円前後で買い取っていますので、低年式でも問題はないでしょう。

またトラックジャパンでは、廃車間近の車でも買い取ってくれるそうです。この業者の場合は海外に対する売却ルートもあるので、それが可能になるのでしょう。
このように状態に難がある車でも買取り可能なのが、トラックジャパンの特徴ですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://isaw-isphy.com/mt-tb.cgi/8

コメントする