自動車売却の注意点

| コメント(0) | トラックバック(0)

自動車の売却には、使わなくなった自動車を売却したり、現金が必要になって使っていた自動車を現金化する売却したり、代替えをする時に下取りにださないで買い取り店に売却したり、個人間の売却など、いろいろな売却があります。
詳しくはこちらのサイトも同時に読み進めるといいでしょう。
>>オデッセイ 買取
>>ヴォクシー 買取

自動車の売却が成立した後には、必ずその車の名義変更をしなければなりません。

自動車の名義変更登録には、売却する方と購入しようとする方の双方がたくさんの書類を準備して登録するのですが、その前に購入しようとする方は車庫証明を自分が住んでいる所轄の警察署に車庫証明を提出して許可をもらっておかなければなりません。

許可された車庫証明書と準備しておいた双方の書類と現在の車検証を全部揃えて登録しようとする都道府県の管轄の陸運支局に持ち込んでね意義変更の登録鉄好きをしなければなりません。

特に、個人売買で自分の車を売却しようとしたときに、ほとんど購入側が名義変更の手続きをしているようですが、素人なので気を付けないと、書類に有効期限のある印鑑証明書や車庫証明書が切れていたりして、新しいものを取り直さないといけないことなどがあるので、充分注意しましょう。

判らないときや難しいときは、陸運支局の近くにある代書屋さんなどにお願いするのをお勧めします。

こうして、無事に名義変更登録が終わったら、車を売った人は今まで加入していた任意保険を別に手に入れた車に保険の車両入れ替えをしたり、もし乗らなくなったのなら、任意保険の中断証明を取っておくと、次に車を手に入れたときに中断しておいた保険が中断前の割引で加入することができるので忘れないでやっておきましょう。購入した人は、使用する前に任意保険に加入してから使用するようにしましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://isaw-isphy.com/mt-tb.cgi/7

コメントする