不動車でも今は売れる時代

| コメント(0) | トラックバック(0)

不動車でも今は売れる時代なんですね~
なんでも海外進出したことによって、海外からの部品の需要が拡大しているらしいです。

確かに海外のユーザーって車をとことん乗り潰しますからね。
10万キロで買い換えてるのなんて日本人くらいですよ。
こういうことから日本人ってやっぱり裕福だなあ。
って思えますね。

確か海外の車ユーザーの平均距離数は20万キロくらいですよね。
日本と比べると倍近く走っています。
日本人って見栄っぱりな方が多いので、すぐ買い替えるのでしょうね。

日本人がもう少し車を乗り潰すようになれば、
国内でも部品の需要が拡大してくると思います。

最近では結構乗り潰す方が多くなっていますよね。
この調子で海外ユーザーと同じ平均20万キロという数字になれば、
単純計算で部品の需要も倍に拡大します。

そうなると、今まで査定額がつかなかったような車も、
部品取り目的で当然のように査定額がつくようになるので、
メリットは大きいです。

というか平均距離数自体伸びれば、10年落ち、10万キロで査定額が0。
ということもなくなりますので、
自動車業界も活発化するのではないでしょうか。

しかし、車の販売台数も伸びなくなりますからねえ。
そのところは少し考えないといけませんね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://isaw-isphy.com/mt-tb.cgi/1

コメントする